代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







膵臓がん

治療について

膵がんは悪性度が高く予後不良な腫瘍です。局所進行膵体部がんに対しては術後の化学療法を前提にして腹腔動脈合併膵体尾部切除(DP-CAR)を行う事でR0(根治)切除率を上げる事に努めてきました。腹腔動脈を含めて膵体尾部・脾臓・副腎を後腹膜から一塊に切除する術式です。適応は腹腔動脈〜総肝動脈には浸潤しているものの、総肝動脈・胃十二指腸動脈分岐部までに止まり、かつ上腸間膜動脈への浸潤を認めない症例です。特に術前化学療法で縮小が見られた症例はこの手術のよい適応と考えています。FOLFILINOXやGem+アブラキサンなど有効な化学療法の選択肢が増えた新しい時代を迎え、外科の役割は更に重要になると考えています。

 

5年間の治療数、検査数(胆のう・胆管がん、膵臓がん)

 

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

内視鏡的逆行性胆膵管造影検査(ERCP)

139例

238例

139例

137例

95例

内視鏡的乳頭切開術(EST)

27例

20例

5例

26例

34例

胆管内メタリックステント留置術

17例

27例

15例

15例

19例

胆管内チューブステント留置術

70例

75例

50例

71例

47例

膵臓癌に対する治験治療

8例

14例

5例

2例

-

十二指腸ステント留置術

13例

4例

16例

8例

14例

超音波内視鏡検査(EUS)

83例

148例

175例

194例

194例

経鼻経膵管ドレナージ膵液細胞診検査

20例

35例

19例

17例

6例

超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)

29例

38例

112例

76例

79例

管腔内超音波検査(IDUS)

12例

14例

25例

14例

6例

スパイグラスによる胆道鏡

7例

14例

3例

5例

3例

スパイグラスによる膵菅鏡

-

-

4例

4例

2例

超音波内視鏡下腹腔神経叢破壊術(EUS-CPN)

5例

6例

1例

-

-

手術実績

外科手術件数

疾 患

術式

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

胆膵腫瘍

肝切除+胆道再建術

2

3

3

3

1

4

0

拡大胆嚢摘出術

4

3

2

5

1

1

1

膵頭十二指腸切除

6

19

20

13

21

15

14

膵体尾部切除

4

10

8

8

12

16

13

(開腹)

 -  -  -

8

12

16

13

(鏡視下)

 -  -  -  -

0

0

0

その他

8

6

15

11

9

5

1

慢性膵炎

膵頭十二指腸切除術

 -  -  -  -

0

0

0

その他

1

 -  -  -

0

0

0

治療成績

紹介時から治療までの期間

治療・検査内容

初診~入院までの期間:通常

担当診療科

手術

2~4週間

消化器・肝胆膵内科

→肝胆膵外科

肝胆膵がんドックのご案内

九州がんセンターで肝胆膵がんドックを受けてみませんか?
詳細は『肝胆膵がんドックのご案内』をご覧ください。